人材をお探しの企業様

人材ソリューション事業部SOLUTION

MD紹介

井坂 佑

前向きな転職活動を全力でサポートします! 思いっきり活躍して下さい!

  • 本社 人材ソリューション事業部
  • マッチングディレクター / CSRユニット
得意領域 世界レベルでSDGsへの取り組みが重要視され、近年ではSDGsをCSRレポートに取り込む企業も増えてきています。
世界から見た日本の評価は、教育や経済成長、技術革新が高い評価を得られましたが、一方で、平等やパートナーシップとの協力といった点においては評価が低い状況です。
特に、「人権」については外国人技能研修生の実態が問題になっており、国連から「研修制度は人権保護の目的においては不十分」と日本政府に対して指摘があったほどで、今後の対策、取り組みが注目されています。

その他に、食品廃棄物の問題や気候変動対策、再生可能エネルギーの導入など、サステイナビリティ実現のためのそれぞれの専門性が必要とされる時代を迎え、さらなうこの領域の変遷と拡大に期待しています。

<主なクライアント> 
監査法人 / CSRコンサルティング企業 / 政府系金融機関 / 認証機関

<支援対象>
第二新卒層、ミドル層、シニア層

<雇用形態>
正社員・契約社員
主な実績 男性28歳(CSRレポート制作企業/レポート、デザイン編集) 監査法人サステイナビリティ部門/第三者保証 男性30歳(県庁/林業専門土木施工管理) CSRコンサルティング企業/ESGアナリスト
転職をお考えの
皆さまへ
求職者にとってCSR分野への関心は高まる一方で、お付き合いのある企業様では、CSRコンサルタント職を新卒から取り始めている企業も出てきました。
ここ数年、エネルギーや発電に関する状況や、食をテーマにしても、パーム油の人権の問題や、食品ISOの改定など食品メーカーや私たち消費者考え方もサステイナブルを意識しながら変化していきます。SDGsを意識した企業の経営戦略に魅力ややりがいを感じる求職者も増えてきておりますので、ご推薦の際は、企業様の事業内容やお仕事の将来性などしっかりお伝えしております。

【2018年度】
20代後半、大学時代の専攻を活かして異業種からCSR分野への転職を希望される方が増えてきています。海外大で環境学を学ばれた方も登録者の中にいらっしゃいます。
30代半ばでCSR分野の経験がある方の登録が増えています。金融系出身の方の登録も増えてきており、CSR分野の専門性を活かしてキャリアチェンジを検討していらっしゃいます。